JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

NYC2日目、最初の目的地はマンハッタンの一蘭です!

 

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

去年ニューヨーク(マンハッタン)旅行に行って、NYCはもういいかな…と思っていたけどどうしても行かなければならない用があり、ついでに観光してきましたー!

 

午後の便だったので一日目(5月10日)の観光はホテルの近くの大きな図書館のみ。

 

 

一見「神殿かな?」って感じですが、NEW YORK PUBLIC LIBRARYです。

ボストンやウィーンもだけど欧米の大きい図書館って神殿がデフォルトなんですか???

 

 

JUGEMテーマ:英会話

 

週末二回目のNYCに行ってきました!

旅行記を書く前にひとつ、とても重要な英単語について書いておきます。

 

それは、飛行機に乗る際の「機内持ち込み手荷物」と「預け入れ手荷物」、また財布やハンドバッグなど「身の回り品」の英語での言い方。

 

機内持ち込み手荷物=carry-on bag

預け入れ手荷物=checked bag

身の回り品=personal item

 

これはアメリカで旅行するときに必須のワードです。

"bag"ではなく"baggage"も使われますが、どちらかというとbagのほうがよく見る気がします。

英語での"bag"は『袋、カバン』という意味だけでなく『荷物』としても使われます。

 

で、なんでこれが重要かと言うと、アメリカではほとんどの航空会社で国内線であっても預け入れ手荷物が有料だからです!!

日本では基本的に機内持ち込みとは別にスーツケースひとつ預けられますよね?

それが、アメリカではほとんどの航空会社で有料なんです。

特に日本人もよく利用するであろうデルタ航空、アメリカン航空、ユナイテッド航空の三社はいずれも$30かかります。

けちー!!

 

↓これはアメリカン航空のサイトのスクリーンショットなんですが、

 

「ベーシックエコノミーにご搭乗のお客様はすべての目的地行きの便で(身の回り品に加え)1つの"carry-on"が無料で許可されています」とあります。

ここで"carry-on"の意味を知らなかったら、うっかり日本のように「大きなスーツケースをひとつ預けられる!」と勘違いしかねません。

というか去年私がそれをやらかしました!

"carry-on"は預け入れのことだと思っていて、大きなスーツケースで行ったら空港で余分に$30払わなければなりませんでした…中身スッカスカだったからショックでした。

空港での(最近はオンラインでもできますね)チェックインでも、"checked bag"の数を問われるような質問があります。

 

アメリカの航空会社を利用する際にはぜひ覚えていってくださいね!

 

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

ニューヨーク旅行最終日です。

最後に行ったのはアメリカ自然史博物館。

自然史、というとちょっと難しそうに聞こえますが、要は恐竜の化石です。

あと大昔の世界各地の人々の暮らし(土器や石器、衣装)とか。

 

 

恐竜好きな人は必見です、部屋から飛び出すほど大きな化石が展示されています。

種類も豊富で、恐竜だけでも何部屋もありました。

館内が広いので恐竜から回ったほうがいいかもですね。

 

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

3日目のメインは自由の女神です。

実は、自由の女神そのものよりも、フェリーから見たマンハッタンのほうが感動的でした!

 

 

よくこんな小さい島に高層ビル郡がひしめいているなあ…まるでここだけ異世界みたいだ。

 

NYC旅行2日目のメインはThe MET(メトロポリタン美術館)です。

 

 

ここは美術が好きな方はもちろん、ドラクエとか中世ファンタジーものが好きな方にもぜひおすすめしたいです。

なぜなら…

 

 

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

週末野暮用でニューヨークにまた行かないといけなくなったので、その前に去年のニューヨーク旅行の写真をアップしておきます。

ニューヨークと言ってもニューヨーク州はめちゃくちゃ大きいので正確にはニューヨークシティ(NYC)ですね。

 

2018年9月22日、NYCに飛行機で行ってきました。

目的はブロードウェイでミュージカルを見る、美術館博物館に行く、そしてラーメンを食べる!です!

 

 

昨日ボストンジャパンフェスの記事を書いたんですが、この祭りには主人とアメリカの友人と行きました。

で、オタフクのたこ焼きがタコじゃなくてエビを使っていたので、

「アメリカ人にとってはタコは悪魔の象徴だからかな?」

ってそのアメリカ人に尋ねたんですよ。

そしたら、彼は非常に驚いて、

「ええー!? 何、初めて聞いた!」

と。

 

聞いたことすらないなんて!?

私たちも「ええー!?」だよ!!!

日本では欧米ではタコ=悪魔だから忌み嫌われている、と常識のように言われていますよね…。

とりあえず、ボストンでは常識ではないようです。

 

そして日本びいきの彼は、

「なんでタコじゃないのー?」

と(日本語で)憤りながらたこ焼き(エビ焼き?)を食べていましたw

 

いやー、日本で習った知識が実際はアメリカでは違うというパターンはたくさんありますが、衝撃でした。

 

 

ほかにも、ステージでノリのいい音楽が流れていたので「ノリノリ」を英語で何と言うかぐぐってみたときも、某大手のオンライン英会話スクールのサイトで"groovy"と書いてあったんですが、そのアメリカ人の友人いわく、

「ええっそれは古いよ、おじいちゃんの世代だよ!」

ですって!

 

うーん、何でも鵜呑みにしてはいけないなぁと思わされました…w

先週末はボストンジャパンフェスティバルでした!

土日やってて両日行ってきましたよ〜

 

場所はボストンコモンという、ボストンで一番中心的な公園です。

アメリカでの日本の祭りにどれほどの客が来るのか?というと…

 

 

見てこの列!!!

これでもたったひとつの屋台の列です(ちなみにオタフク)。

長いところは二時間待ちのところもあったようです。

 

ちなみに私は去年この長蛇の列で痛い目見たので今年はQuick Passという列をスキップできる券を買っていきました。

買うというか、正しくは"Donation(寄付)"というかたちです。

寄付額によって券をたくさんもらえます。

どんなイベントも寄付をすごく大事にしているのがアメリカンだな〜と思います。

 

オタフクでは焼きそばとたこ焼きを買いました。

 

アメリカにもカップヌードルはあります。

 

 

ただ、おいしくはないんですよねー。

↑に"The Original"なんて書いてますが日本のとは全然違います。

顆粒の鶏ガラスープを自分で足してやっとって感じ。

 

ところで…

よく見たら、"CUP NOODLES"ですね!?

カップヌードルじゃなくてカップヌードル”ズ”!

 

なんでかなーと思って調べたら、どうも"noodle"は麺一本のことなんだそうです。

料理としての麺は普通麺が二以上入っているので"noodles"と複数形にするのが普通なんだと。

テーブルに麺が一本落ちちゃった〜とかなら"noodle"の単数形でいいらしい。

 

なるほどーーー!!


Selected Entry

Archive

Mobile

qrcode

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM