JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

 

しばらく間が空いてしまいましたが今日はイエローストーン国立公園へどうやって旅行に行くのか?についてです。

前回までの記事に書いたとおり、イエローストーンはぜひとも行くべき場所です!

でもアメリカの土地勘がないし、英語はわからないし、右車線の運転が怖いし、食べ物やトイレが心配だし…など色々な不安で思いきれない方も多いと思います。

 

そこで私が超!絶賛で!推したいのが、私たちが利用させていただいた、

 

Yellowstone Horizons

 

というガイドさんです。

 

モンタナ州のイエローストーンガイドさんなんですけど、本当にここにお願いして良かったと心底思います。

そうでなかったらこの旅行はここまで素晴らしいものではなかったに違いありません。

いくつか利点を挙げてみますね。

 

↓Yellowstone Horizonsさんのここがスゴイ!

1, オール日本語OK

オーナーが日本人の方なので当然日本語ネイティブです。

英語ゼロでもまったく問題なしのストレスフリー。

アメリカ人の旦那さんも日本に在住していたのでバイリンガル!

 

2, 車の心配なし

イエローストーン旅行で思いつくのがバスツアーか個人でレンタカーだと思います。

が、バスツアーは自由がきかないし乗車時間も長い、レンタカーは借り方が分からないし運転が心配。

一方Yellowstone Horizonsさんは大きな車も出してくださるし運転もお手の物です。

山道のときも私も夫も一度も酔わなかった!

 

3, 空港から近い

バスツアーはほとんどがソルトレイクシティ発です。

しかしこのソルトレイクシティ、イエローストーンからめちゃくちゃ遠くて移動だけで半日終わります。

そのうえ朝出発・夜到着なので、つまりソルトレイクシティに前泊後泊しないといけないのです。

ソルトレイクシティも観光したかったら問題ないんですけどそうでなければ無駄だらけになってしまいます。

そういうわけで、いくらツアー自体が安くても結局かなり予算が膨らんでしまうのがソルトレイクシティ発のバスツアーの落とし穴。

Yellowstone Horizonsさんの場合はボウズマン空港というもっと近い空港が旅の始まりになります。

空港まで車で迎えに来てくださるし、時間もこちらの都合に合わせてくださいます。

 

4, 知識が非常に豊富

私たちのガイドはオーナーのKiyomiさんだったのですが、もっっっのすごい物知りです!

動物でも地形でも、私たちの質問に何でも答えてくださいました。

特にイエローストーンは我々が普段見ない・知り得ないものばかりなので、知識豊富なガイドさんは必須だと感じました。

旅が何倍も濃厚になりますよ!

アシスタントで息子さんもついてきてくださったんですが(彼もバイリンガル!)、彼もすごく遠くにいる動物を瞬時に見つけて名前がわかる凄腕です!

 

5, どこでも停まってもらえる

プライベートツアーなので車が停まれる場所ならどこでも停まってくださいます。

気になる動物や景色があったとき、トイレに寄りたいとき、写真を撮りたいときなどいつでも停まってもらえたのでこれはバスツアーとの大きな違いです。

 

6, コテージが最高にかわいい・立地がいい

Yellowstone Horizonsさん所有のコテージが、これがもう最高なんです。

詳しくはこの記事を参照ください。

道中ほかのコテージにも宿泊しましたけど、Yellowstone Horizonsさんのコテージが一番好きでした。

次にまた行くときがあったらあんまり遠出せずにずっとここに泊まりたいです。

 

7, ご飯が美味い

所有コテージに滞在しているときは旦那さんが朝ごはんを作ってくれました。

これがもうほんと美味しいの!

そして最終日前夜はすごいおいしいステーキやコッド(鱈)を料理してくださいました。

めちゃくちゃおいしかったです。

道中にKiyomiさんが用意してくれたサンドイッチもすごくおいしくて、以来サンドイッチにハマってしまって家でしょっちゅうサンドイッチ作るようになりました。

 

8, 連絡が早い

アメリカの企業ときたら、本当にメールの返信が遅いんです。

催促メールしてやっと返信が来るかどうかということもしばしば…。

ですがYellowstone Horizonsさんはとてもレスポンスが早くて、何も不安になることがありませんでした。

旅の前には持っていくといいものなど色々アドバイスももらえますよ。

 

 

などなど、書き始めたら枚挙にいとまがありません。

まずはホームページのトップ画像だけでも見てみてください。

絶対行きたくなると思います。

行きたくなったらぜひ行ってください!

人生で一番感動した旅行だと、自信を持って言えます。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。