JUGEMテーマ:英会話

 

今日はアメリカ英語での"NT"音についてです。

 

前の記事でアメリカ英語のT音の発音について書きましたがNTもまた特殊な読み方をされます。

例えば "center" "international" " twenty" など、スペルに"NT"が入っている単語です。

これらの単語は実際にアメリカ英語で聞くと、「センター→セナー」「インターナショナル→イナナショナゥ」「トゥエンティ→トゥエニー」のように、"NT"音が"N"音に聞こえるんです。

 

そこで、いくつか"NT"を含む語を使った文章を作り、ネイティブの先生に読んでもらってコメントしてもらいました!

(便宜上カタカナで発音を書いています)

 

1, The next station in Hynes Convention Center.

先生「センター。この文が電車のアナウンスみたいだからはっきり読んだけど、日常会話ならセナーだね」

 

JUGEMテーマ:英会話

 

アメリカに二年弱暮らしてみて、アメリカ英語の一番の特徴はT音の発音だと感じます。

知らなかったら「は!?」となることが多々あるので、知識としてだけでもぜひ知っておくといいと思います。

 

 

アメリカ英語では、

 

強勢がなく母音に挟まれているT音は、日本語のダ行のような音に濁る!

 

わかりやすいのが"water"。

日本語では「ウォーター」と書きますが、"ter"に強勢がなく、tが母音のaとeに挟まれているので、アメリカ英語だと「ワーダr」のように音が変わります(rは舌を後ろへ引く)。

 

 

他にも、日本語でも馴染み深いカタカナ語を挙げてみます。

「強勢がない」かつ「母音に挟まれている」T音は、アメリカ英語では矢印の右側のカタカナのように発音されます。

(例)

data:データ→デイダ

item:アイテム→アイデム

city:シティー→スィディ

twitter:ツイッター→トゥイダr

eating:イーティング→イーディン

cutting:カッティング→カディン

letter:レター→レダr

meter:メートル、メーター→ミーダr

liter:リットル、リッター→リダr

 

 

ただし、強勢があるときや、母音に挟まれていないときはしっかりT音を発声します。

(例)

attack:アタック("ta"に強勢があるのでアダックにならない)

retire:リタイr("ti"に強勢があるのでリダイrにならない)

street:ストリート("t"が母音に挟まれていないのでスドリードにならない)

stay:ステイ("ta"に強勢があるし前が母音でないのでスデイにならない)

 

 

"total"などは、最初の"t"は強勢があるし前に母音がないのでT音のままですが、後ろの"t"は強勢がなく母音に挟まれているので後ろだけ音が変わります。

カタカナで書くと「トゥダル」のような感じになります。

 

 

また、一単語ではtが母音に挟まれていなくても、前の語と続けて読むと母音に挟まれる場合もダ行のように聞こえます。

(例)

do today:ドゥー・トゥデイ→ドゥードゥデイ、ドゥーダデイ

ought to:オート・トゥ→オーダ

got to:ゴット・トゥ→ガダ

 

 

さらに、rは母音ではないけど、母音+rの後ろでもtがダ行のように聞こえます。

(例)

sort of:ソート・オブ→ソrダヴ、ソrダ

 

 

例外として、スペル上でtが母音に挟まれていても、発音がch音(チャ・チ・チュ・チェ・チョ)の場合はダ行になりません。

(例)

creature:クリーチャr(クリーダrなどとならない)

 

 

日本人がこのように発音しなければならないわけではないですが、少なくともアメリカ人と話すときはこのT音ルールを考慮しておかないと、簡単な単語でも聞き取るのにものすごく苦労します。

急に「デイダ」とか「アイデム」と言われても慣れてないとパッとわからないんです…!

 

T音はさらに"nt"のスペルのときにも変化するので次回はそれについて書きますね。

 

(発音は便宜上カタカナで書いています。できればアメリカ英語のネイティブの方や動画等で実際に聞いてみてください!)

 

JUGEMテーマ:英会話

 

タイトル通り、動詞tellの話です。

よく中学校の英語の書き換え問題なんかで「tell 人 物」を「tell 物 to 人」に書き換えるのがありますよね。

でも、それって本当にイコール??

 

先日の英語のレッスン中に私が「tell 物 to 人」を使ったとき、ネイティブの先生に「う〜ん」と止められました。

曰く、間違ってないけど、あんまり言わないのだそうです。

 

一般的な使い方は、「tell 物 to 人」ではなく、かといって「tell 人 物」でもなく、

 

「tell 人 about 物」

 

が多いんですって。

 

例えば、

I told it to him.

よりも、

I told him about it.

が自然だそうです。

発音は、told himはh音が抜けて「とーるでぃむ」、about itは途中のtがアメリカ訛りで「あばうでぃっ」のような感じ。

 

askも同じ使い方で、

 

「ask 人 about 物」

 

が一般的だそうです。

 

書き換え可のフレーズでも必ずしもイコールではないことは多々あります。

もしネイティブの先生に習う機会があったら、こういった「より自然な表現」を教えてもらうのをおすすめします!

JUGEMテーマ:英会話

 

タイトル通りですが、monthの複数形の "months"

これ、何て読むのか疑問に思ったことはありませんか?

 

単数形ならマンth。

thはスじゃなくて前歯で軽く舌を挟むようにして息を吐きます。

発音記号で書くと/mʌnθ/。

 

じゃあ複数のsがついたら?

マンthス? マンthズ? マンthィズ?

thスとかめっちゃ言いにくくないですか??

 

長年の疑問だったんですが先日の英語のレッスンのときにネイティブの先生が教えてくれました。

 

「正確には/mʌnθs/(マンthス)だけど、ネイティブでもとっても言いにくいからほとんど/mʌns/(マンス)だよ〜」

 

と!!

 

なんと……!!!

 

衝撃でした、なんだやっぱり言いにくいんだね。

ってことは、thの音が苦手な日本人が単数形のmonthをマンスって読んだらmonthsに聞こえるのかなあとか思ったり。

 

「英語学習者はよく/mʌnθɪz/(マンthィズ)と言うけどそれは違うんだよね〜」

 

とも言っていました。

 

大変興味深い発見でした。

monthの複数は、マンス!!

JUGEMテーマ:英会話

 

アメリカではサンクスギビングデイからブラックフライデー、サイバーマンデーという超購買週間が終わりました。

この期間、何度も目にしたのが"DOORBUSTER"という言葉。

大型スーパーのチラシや通販サイトのメールなどいたるところで。

たとえばこれ↓ユニクロからのメールです。

 

 

GAPからのメールでも、タイトルが "Pajamas from $10! These DOORBUSTERS are no joke" というのが来ました。

 

いったい、doorbusterって何だろう?

直訳すると「ドアをぶっこわすもの」??

 

実は、それで正解なんです。

「ものすごい目玉商品なので客が殺到して店のドアが壊れちゃうような商品」という意味なんだそうです。

日本語で言うと超目玉品とか超特価品でしょうか。
 

面白いなあと思った単語でした。

JUGEMテーマ:英会話

 

私は英語のレッスンのときによく英作文を持っていってネイティブの先生に見てもらっています。

先日 "snap out of it" を使った文を作っていきました。

うじうじしている人にうじうじから抜け出して(気分を切り替えて)、「しっかりしろよ」とか「吹っ切れろ」とかいう意味です。

私はこんな文を作りました。

 

"Snap out of it, dude. Try your best next time."

 

"dude" はカジュアルな会話で使われる「お前」みたいな呼びかけです。

 

さて、この文章、先生にウーンと言われました。

なぜだかわかりますか?

JUGEMテーマ:英会話

 

週末二回目のNYCに行ってきました!

旅行記を書く前にひとつ、とても重要な英単語について書いておきます。

 

それは、飛行機に乗る際の「機内持ち込み手荷物」と「預け入れ手荷物」、また財布やハンドバッグなど「身の回り品」の英語での言い方。

 

機内持ち込み手荷物=carry-on bag

預け入れ手荷物=checked bag

身の回り品=personal item

 

これはアメリカで旅行するときに必須のワードです。

"bag"ではなく"baggage"も使われますが、どちらかというとbagのほうがよく見る気がします。

英語での"bag"は『袋、カバン』という意味だけでなく『荷物』としても使われます。

 

で、なんでこれが重要かと言うと、アメリカではほとんどの航空会社で国内線であっても預け入れ手荷物が有料だからです!!

日本では基本的に機内持ち込みとは別にスーツケースひとつ預けられますよね?

それが、アメリカではほとんどの航空会社で有料なんです。

特に日本人もよく利用するであろうデルタ航空、アメリカン航空、ユナイテッド航空の三社はいずれも$30かかります。

けちー!!

 

↓これはアメリカン航空のサイトのスクリーンショットなんですが、

 

「ベーシックエコノミーにご搭乗のお客様はすべての目的地行きの便で(身の回り品に加え)1つの"carry-on"が無料で許可されています」とあります。

ここで"carry-on"の意味を知らなかったら、うっかり日本のように「大きなスーツケースをひとつ預けられる!」と勘違いしかねません。

というか去年私がそれをやらかしました!

"carry-on"は預け入れのことだと思っていて、大きなスーツケースで行ったら空港で余分に$30払わなければなりませんでした…中身スッカスカだったからショックでした。

空港での(最近はオンラインでもできますね)チェックインでも、"checked bag"の数を問われるような質問があります。

 

アメリカの航空会社を利用する際にはぜひ覚えていってくださいね!

 

アメリカにもカップヌードルはあります。

 

 

ただ、おいしくはないんですよねー。

↑に"The Original"なんて書いてますが日本のとは全然違います。

顆粒の鶏ガラスープを自分で足してやっとって感じ。

 

ところで…

よく見たら、"CUP NOODLES"ですね!?

カップヌードルじゃなくてカップヌードル”ズ”!

 

なんでかなーと思って調べたら、どうも"noodle"は麺一本のことなんだそうです。

料理としての麺は普通麺が二以上入っているので"noodles"と複数形にするのが普通なんだと。

テーブルに麺が一本落ちちゃった〜とかなら"noodle"の単数形でいいらしい。

 

なるほどーーー!!

JUGEMテーマ:英会話

 

アメリカで大好きな製品のひとつがZzzquilという入眠剤です。

安いしどこのドラッグストアにもあるしちゃんと効くので重宝しています。

 

で、この間なにげなくパッケージを見ていたときにふと気になったのが、このキャップ部分の包装。

 

 

SLEEP SOUNDLY…???

「音を立てて眠る?????」と首をかしげてしまいました。

 

JUGEMテーマ:英会話

 

日本語では賞味期限と消費期限の二種類があるけど英語ではどうなんだろう?

ということで、いろいろ写真を撮ってきました!

 

まずこれはパスタ二種類とシリアルとカップ麺。

 

BEST IF USED BY(〜までに使うとベスト)

BEST BEFORE(〜以前がベスト)

BEST BY(〜までベスト)

となっています。

 

なまものはどうでしょうか。

 

続きを読む >>