JUGEMテーマ:英会話

 

アメリカに二年弱暮らしてみて、アメリカ英語の一番の特徴はT音の発音だと感じます。

知らなかったら「は!?」となることが多々あるので、知識としてだけでもぜひ知っておくといいと思います。

 

 

アメリカ英語では、

 

強勢がなく母音に挟まれているT音は、日本語のダ行のような音に濁る!

 

わかりやすいのが"water"。

日本語では「ウォーター」と書きますが、"ter"に強勢がなく、tが母音のaとeに挟まれているので、アメリカ英語だと「ワーダr」のように音が変わります(rは舌を後ろへ引く)。

 

 

他にも、日本語でも馴染み深いカタカナ語を挙げてみます。

「強勢がない」かつ「母音に挟まれている」T音は、アメリカ英語では矢印の右側のカタカナのように発音されます。

(例)

data:データ→デイダ

item:アイテム→アイデム

city:シティー→スィディ

twitter:ツイッター→トゥイダr

eating:イーティング→イーディン

cutting:カッティング→カディン

letter:レター→レダr

meter:メートル、メーター→ミーダr

liter:リットル、リッター→リダr

 

 

ただし、強勢があるときや、母音に挟まれていないときはしっかりT音を発声します。

(例)

attack:アタック("ta"に強勢があるのでアダックにならない)

retire:リタイr("ti"に強勢があるのでリダイrにならない)

street:ストリート("t"が母音に挟まれていないのでスドリードにならない)

stay:ステイ("ta"に強勢があるし前が母音でないのでスデイにならない)

 

 

"total"などは、最初の"t"は強勢があるし前に母音がないのでT音のままですが、後ろの"t"は強勢がなく母音に挟まれているので後ろだけ音が変わります。

カタカナで書くと「トゥダル」のような感じになります。

 

 

また、一単語ではtが母音に挟まれていなくても、前の語と続けて読むと母音に挟まれる場合もダ行のように聞こえます。

(例)

do today:ドゥー・トゥデイ→ドゥードゥデイ、ドゥーダデイ

ought to:オート・トゥ→オーダ

got to:ゴット・トゥ→ガダ

 

 

さらに、rは母音ではないけど、母音+rの後ろでもtがダ行のように聞こえます。

(例)

sort of:ソート・オブ→ソrダヴ、ソrダ

 

 

例外として、スペル上でtが母音に挟まれていても、発音がch音(チャ・チ・チュ・チェ・チョ)の場合はダ行になりません。

(例)

creature:クリーチャr(クリーダrなどとならない)

 

 

日本人がこのように発音しなければならないわけではないですが、少なくともアメリカ人と話すときはこのT音ルールを考慮しておかないと、簡単な単語でも聞き取るのにものすごく苦労します。

急に「デイダ」とか「アイデム」と言われても慣れてないとパッとわからないんです…!

 

T音はさらに"nt"のスペルのときにも変化するので次回はそれについて書きますね。

 

(発音は便宜上カタカナで書いています。できればアメリカ英語のネイティブの方や動画等で実際に聞いてみてください!)

 

JUGEMテーマ:英会話

 

タイトル通り、動詞tellの話です。

よく中学校の英語の書き換え問題なんかで「tell 人 物」を「tell 物 to 人」に書き換えるのがありますよね。

でも、それって本当にイコール??

 

先日の英語のレッスン中に私が「tell 物 to 人」を使ったとき、ネイティブの先生に「う〜ん」と止められました。

曰く、間違ってないけど、あんまり言わないのだそうです。

 

一般的な使い方は、「tell 物 to 人」ではなく、かといって「tell 人 物」でもなく、

 

「tell 人 about 物」

 

が多いんですって。

 

例えば、

I told it to him.

よりも、

I told him about it.

が自然だそうです。

発音は、told himはh音が抜けて「とーるでぃむ」、about itは途中のtがアメリカ訛りで「あばうでぃっ」のような感じ。

 

askも同じ使い方で、

 

「ask 人 about 物」

 

が一般的だそうです。

 

書き換え可のフレーズでも必ずしもイコールではないことは多々あります。

もしネイティブの先生に習う機会があったら、こういった「より自然な表現」を教えてもらうのをおすすめします!

JUGEMテーマ:英会話

 

タイトル通りですが、monthの複数形の "months"

これ、何て読むのか疑問に思ったことはありませんか?

 

単数形ならマンth。

thはスじゃなくて前歯で軽く舌を挟むようにして息を吐きます。

発音記号で書くと/mʌnθ/。

 

じゃあ複数のsがついたら?

マンthス? マンthズ? マンthィズ?

thスとかめっちゃ言いにくくないですか??

 

長年の疑問だったんですが先日の英語のレッスンのときにネイティブの先生が教えてくれました。

 

「正確には/mʌnθs/(マンthス)だけど、ネイティブでもとっても言いにくいからほとんど/mʌns/(マンス)だよ〜」

 

と!!

 

なんと……!!!

 

衝撃でした、なんだやっぱり言いにくいんだね。

ってことは、thの音が苦手な日本人が単数形のmonthをマンスって読んだらmonthsに聞こえるのかなあとか思ったり。

 

「英語学習者はよく/mʌnθɪz/(マンthィズ)と言うけどそれは違うんだよね〜」

 

とも言っていました。

 

大変興味深い発見でした。

monthの複数は、マンス!!

JUGEMテーマ:英会話

 

アメリカではサンクスギビングデイからブラックフライデー、サイバーマンデーという超購買週間が終わりました。

この期間、何度も目にしたのが"DOORBUSTER"という言葉。

大型スーパーのチラシや通販サイトのメールなどいたるところで。

たとえばこれ↓ユニクロからのメールです。

 

 

GAPからのメールでも、タイトルが "Pajamas from $10! These DOORBUSTERS are no joke" というのが来ました。

 

いったい、doorbusterって何だろう?

直訳すると「ドアをぶっこわすもの」??

 

実は、それで正解なんです。

「ものすごい目玉商品なので客が殺到して店のドアが壊れちゃうような商品」という意味なんだそうです。

日本語で言うと超目玉品とか超特価品でしょうか。
 

面白いなあと思った単語でした。

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

ワシントンDCの記事の最後は食べ物編です。

正直、ボストンより安くて美味い!

 

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

ワシントンDC旅行の前回記事以外の観光です。

ワシントン、と聞いて日本人が一番に思い浮かべるのはスミソニアン博物館ではないでしょうか。

 

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

先日ワシントンDCに行ってきました。

めっっっちゃくちゃ良かったです!

 

 

↑かの有名な塔・ワシントンモニュメント。

これが、時間帯によってすごく雰囲気が変わるんです。

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

アメリカに旅行に行った際に、コンサートや美術館博物館、スポーツ観戦などに行かれる方は多いと思います。

そこで気をつけてほしいのが、

 

荷物検査がめっちゃ厳しい

 

ってことです!

JUGEMテーマ:英会話

 

私は英語のレッスンのときによく英作文を持っていってネイティブの先生に見てもらっています。

先日 "snap out of it" を使った文を作っていきました。

うじうじしている人にうじうじから抜け出して(気分を切り替えて)、「しっかりしろよ」とか「吹っ切れろ」とかいう意味です。

私はこんな文を作りました。

 

"Snap out of it, dude. Try your best next time."

 

"dude" はカジュアルな会話で使われる「お前」みたいな呼びかけです。

 

さて、この文章、先生にウーンと言われました。

なぜだかわかりますか?

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

 

しばらく間が空いてしまいましたが今日はイエローストーン国立公園へどうやって旅行に行くのか?についてです。

前回までの記事に書いたとおり、イエローストーンはぜひとも行くべき場所です!

でもアメリカの土地勘がないし、英語はわからないし、右車線の運転が怖いし、食べ物やトイレが心配だし…など色々な不安で思いきれない方も多いと思います。

 

そこで私が超!絶賛で!推したいのが、私たちが利用させていただいた、

 

Yellowstone Horizons

 

というガイドさんです。

 

モンタナ州のイエローストーンガイドさんなんですけど、本当にここにお願いして良かったと心底思います。

そうでなかったらこの旅行はここまで素晴らしいものではなかったに違いありません。

いくつか利点を挙げてみますね。

 

↓Yellowstone Horizonsさんのここがスゴイ!

続きを読む >>